2011年12月17日

りり 入院 記録

りりの記録として・・・
(誤飲してしまったけど今は元気なので心配しないでくださいね♪)

12月9日、午後6時50分、私が仕事から帰ってくると
いつものようにりりとひなで私の帰りを大喜びしてくれましたが、
りりは私からすぐに離れてブルブル震えながら苦しそうに
息をしていました。

りりとひなと一緒に家にいた母に事情を聞くと、6時半ころ
いつも通りごはんを全部食べたけど、りりはいつもよりゆっくり
食べていてどうも歯が痛いらしいとのこと。歯が痛くてブルブル
震えて苦しそうに息をする?とちょっと疑問。母が突然、6時ころ
まではあった化粧の時に使うパフがないと言い出し、りりが
それを食べた可能性が高いことに気付く。すぐに動物病院に
電話し、動物病院に向かう。

病院に向かう途中の車の中で1度吐く。パフの欠片が3つでてきた。
その後、りりは息をするのが楽になったように感じた。

病院で診察してもらって、どの程度の大きさで飲み込んでいるかが
はっきりしないので、残りのパフを吐いて出させるのは気管に
詰まってしまう可能性があり危険だから、腸の動きを活発にして
吐かないで腸の方へ行くようにと7時半ころ点滴をスタートしました。
りりはそのまま入院。

とにかく私はこの時点ではりりの命が心配で・・・

次の朝バリューム検査をして開腹手術になる確率がかなり高いから
覚悟しておくように告げられた。手術の時の麻酔などにそなえて
血液検査もした。

10日の朝、前日りりが心配で全く眠ることができなかった私は
りりの様子を見に病院へ。りりは昨日の夜よりかなり元気になっていて、
この時点では腸の中でパフが動いていて腸に詰まっている様子が
ないからウンチででるのを待つことになりました。
りり退院。
吐いたり下痢をしたりなどのりりの異変に注意するように告げられた。

12月10日
病院から帰宅後すぐに1回目のウンチ。パフの欠片が1つ。
その後2回ウンチをしたけどパフの欠片なし。

12月11日
朝のウンチでパフの欠片が3〜4コ。昼のウンチにはなし。

12月12日
午前に病院で診察。りりは元気があり、たぶんパフの欠片は
腸の中で動いていいるだろうということで点滴の針を抜いてもらう。
りりは診察台に乗せられた時怖くてブルブル震えながらオシッコを
してしまいました。入院がかなり怖くて寂しかったみたい。
ウンチ4回。20時の4回目のウンチでパフの欠片8〜9コ。

12月13日
朝のウンチでパフの欠片が8コ。

その後パフの欠片が出てくる様子はなし。

りりはいつもと変わらずひなと家の中を追いかけっこしたりと
元気です。
今のりりのお腹の中の様子はわからないけど、食べたパフは全部
出たと信じています。

今回の件で母には十分反省してもらいました。たぶん。。。
私も今後りりとひなにこのような辛い思いをさせないように
気つけなければと思っています。


にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村




ニックネーム ゆみちゃん at 21:36| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする